アブクラックス

アブクラックス製作所 アブクラックスを簡単に作る方法

アブクラックスとは、最近、女子達の間で流行っているキレイな腹筋の名前。アブクラックスは、実際にはシックスパックを作る過程で、縦に腹筋が割れていることから、ab cracksと言われています。シックスパックは、6つに割れている腹筋のことですが、腹筋女子がここまで体を作ってしまうと魅力的ではなく、ボディービルダーのようになってしまうため、シックスパックの一歩手前の状態をキープすることを言います。

アブクラックスを作る場合、縦に一本の方も大勢いらっしゃいますが、やはり縦に3本の線が入っているほうが美しい体にみえますよね。
このアブクラックス製作所で効率よくアブクラックスを作ってみてください!

 

アブクラックスを作る方法

アブクラックスを作る方法とシックスパックを作る方法の基本は腹筋を鍛えるということですが、シックスパックはお腹の真ん中にある腹直筋と腹斜筋を鍛え、肥大させることで作ることが出来る一方でアブクラックスは腹直筋を鍛えることで作ることが出来ます。また、筋肉を肥大させるよりも体脂肪率を減らすことにより、作ることが出来ます。
いずれも、腹筋だけではなく背筋もバランスよく鍛えることにより、お腹を効率よく引き締めることが出来ますし、腰痛予防にもつながります。

 

アブクラックスを作るという場合、一般的な方法として腹筋運動を行うという方法がありますが、その他にも有酸素運動を行うという方法があります。有酸素運動はウォーキングやマラソンなどがおすすめです。
一方のシックスパックは筋肉に適度な負荷をかけることで、肥大させる必要がありますので、腹筋ローラーや腹筋運動などを行うようにすることをおすすめします。
アブクラックス トレーニング方法>>

 

アブクラックスは、性別にもよりますが、15%程度まで体脂肪率を減らすことが出来れば、自然と現れてくると言われています。体脂肪率を落とす方法としては、運動も大切ですが、食事管理も大切になります。
アブクラックスの体脂肪は?>>

 

食事では、筋肉を作るために大切なタンパク質をしっかりと摂るようにしましょう。ダイエット中には、肉は食べてはいけないというイメージがありますが、赤身肉はタンパク質が豊富に含まれていますので、肉の種類によっては積極的に取り入れたいものです。
肉類だけではなく、豆類や魚などにもタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質を積極的に摂る一方で、糖質は抑えるようにしましょう。甘いものや主食に糖質は豊富に含まれていますので、適度に抑えるようにしましょう。糖質を全く食べないと、糖質を食べ始めた時にリバウンドにつながりますので、適度に摂取することを心掛けるようにしましょう。摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ、自然に体脂肪率は落ちます。
効果的な腹筋の種類>>